お住まい探しをサポートする総合情報サイト

高齢者や障害者にも優しいバリアフリー賃貸!

今後の高齢者の賃貸探し

おひとりさまよう賃貸」という言葉を聞いたことはありませんか?
これからの高齢化社会に向け、今不動産業者はこの言葉をキーワードに動いているそうです。
高齢者の方も安心して一人暮らしができる物件の需要は、今後ますます高まります。
不動産業界ではこれらの市場が、今後のトレンドになると捉えているそうです。
それを顕著に代表しているものの一つに、「サービス付き高齢者住宅」があります。
プライベートタイムをしっかりと守りながら、なおかつ困った時にはそれなりのサービスが提供されるという、単身住宅と介護施設の二つの機能を兼ねた住宅で、セミリタイアしたシニア層に大変人気が高まっています。
今までの賃貸物件にはなかったこのような居住スタイルは、これからの日本では主流になるのではないでしょうか。

バリアフリー賃貸

身体に障害のある方の賃貸物件選びは、健常者以上にハードルが高いのが現状です。
今までの賃貸物件は限られたスペースに建てられていたものが多く、随所に段差があったり急な階段に手すりがなかったりと、健常者でも不便なものが少なくなかったように思います。
しかし昨今の高齢化社会を反映してか、賃貸物件にもバリアフリーが普及しはじめてきており、同時に身体に障害のある方にも大変過ごしやすい物件が増えてきています。
最近は一定の条件を満たせば改善費用を一部負担してくれる自治体もあり、地域全体で障害のある方の生活を後押しするための制度が整いつつあります。
昨今の時代を反映してか、各自治体の窓口での対応も大変親切で丁寧になっていると聞きます。
公的な補助制度に興味がある方は、一度ご相談してみてはいかがでしょうか?
また実際に窓口に行くのが困難な方には、ウエブサイトでの確認もできるそうです。


この記事をシェアする