お住まい探しをサポートする総合情報サイト

業者選びが大切!内覧までの物件探しを完全サポート!

納得の物件探しは徹底した下見から!

物件探しの基本は内覧からだと思ってください。
まずは希望に合った何件かを店内で紹介してもらい、その後実際にそれらの物件を見て回るのがおおよそのパターンです。
一通り見せてまらった物件で、これはと思った物件は最低でも3回は見せてもらいましょう。
昼間は静かだったのに夜は近隣の生活音が五月蝿かったり、物件の周辺が意外と物騒だったりと、一度の下見では気付かなかった細かい変化を感じられ、後悔のない引っ越しができると聞きます。
業者の中には家主さんの希望を一番に考慮して内覧を極力省いたり、人気物件だからすぐに契約しないと埋まってしまうからとやたらと急かすところもあるようですが、いずれにせよお勧めできる業者ではないと思います。
良心的な業者であれば何度でも内覧に付き合ってくれるでしょうし、何度かの内覧後になかば強制的に契約を迫ることもないでしょう。

より効果的な下見は内覧のタイミング!

駅から離れたエリアは静かそうに感じられますが、夜間は街灯が少なく一人の帰宅が不安に感じられる場合があります。
またそんな静かそうなエリアでも、週末は子供達が賑やかで同時に近隣の生活音も気になったり…。
ですから下見の際は、タイミングを考えなければなりません。
時間に余裕があるようであれば平日と週末、日中と夜間など違ったタイミングで下見をしましょう。
仕事やプライベートでWi-Fi環境が必要な方は、周辺の電波環境のチェックもしておきましょう。
都市部の賃貸であっても意外と電波干渉の影響で、Wi-Fiが使えなかったりする場合もあります。
以上のことからしても、たった一度の下見で契約はしないほうが良いと言えるでしょう。


この記事をシェアする